腕を組んでいる男女

必ず必要

スマートフォンと操作する手

見てすぐわかるものが良い

名札を使用する場所は職場、学校等の他に最近では個人的にペットのものと用途は様々です。 特に仕事で活用する場合は自分の名前を相手に知らせる、相手の名前を認識するためにも読みやすいものが良いでしょう。 目を凝らさないと読めない字体や、小さすぎるプレートや文字などでは名札の意味がありません。 また難しい漢字を使った名前の場合は振り仮名を振ったり、ひらがな標記にすることも良い方法です。 名札を作る時はこれらのことも考え、誰もが読みやすくわかりやすいものを作ることを心がけましょう。 またプレートの色や文字の色も考慮に入れることを忘れないようにします。 ユニフォームやスーツ、どんな洋服の色合いでも見やすく目立つ名札にすることで あなたの名前を周りの人に覚えてもらえるでしょう。

業種や利便性を考える

名札の形態は様々です。 首から下げるもの、ピンで胸ポケットに刺すもの、クリップで止めるもの等々。 使う場所や環境、使う人の年齢等によって工夫をすると良いでしょう。 例えば工場で作業する人のはしっかりとピンで止められるものにしたり、外回りで外出の多い営業マンなら取り外しが便利なクリップ型にする、学校など子供が使う場合はカバー付ピンを使用したり、汚れてもすぐふき取れるまたは洗え様な素材にするなどです。 近年ではペット用に個人で作成したり、インターネットでも安価にオーダーが可能です。 ペット用などでは、動きの激しい動物でも落下しない金具にする、傷つきにくい汚れにくい素材にする、情報(名前、飼い主、連絡先)を十分に入れられかつ、動きの邪魔にならない大きさ、軽さにするなどの工夫をすれば、身体の小さいペットでも安心です。

Copyright © 2015 印刷業者を使えば綺麗で便利な商品を簡単に作ることができる. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com